バラの香りは好きだけどローズの精油は苦手な方へ

精油になるとバラの香りってイマイチ?

だと思ったことありませんか?(´▽`)

バラはやっぱり、生花の香りが一番!!って私は思います。

あくまで私の好みのハナシです。

精油のローズも、もちろん素晴らしい香りです。

すごく好きですよー!

ただ、濃厚なのです。

だからほんのちょっとで充分かな、と思います。

精油の瓶に鼻を近づけて嗅ぐような、そういう嗅ぎ方ですと

かなり濃厚なので、イマイチと感じる方は意外に多いんではないかと思います。

(瓶には鼻を近づけず手で仰ぐだけで精油はよく香りますよ♪)

バラに限らず、お花の精油はみんな濃厚な香りなので

うんと希釈した方が素敵な香りに感じられるんじゃないかな(´▽`)

これ、とっても大事なポイントだと思います!

あと、科学的なお話しになりますが

生花のバラの香りの主成分は、フェニルエチルアルコールというものですが

実はこれ、精油にはほとんど含まれていません。

だから、香りの印象が少し違うんですよねー。

そのフェニルエチルアルコールはどこへ行ったのかというと

精油が採られる際に一緒に生成される、ローズウォーターの方に行くんです。

ローズウォーターとは、芳香蒸留水のことで

フラワーウォーター、ハーブウォーター、ハイドロゾル、などとも呼ばれてます。

フェニルエチルアルコールがたっぷり含まれるローズウォーター。。。

そう!
つまり精油より生のバラの香りに近いんです❤

しかも、ローズ精油よりローズウォーターの方が安価です。

一年中生のバラの香りが楽しめますのでおススメですよ。

芳香蒸留水でアロマテラピー

もっともっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

横浜イングリッシュガーデンのバラ
歩いてるだけでよい香りでした