ペットにアロマは大丈夫?

ペットとアロマテラピーを楽しむ前に

「犬がいるんだけど、おうちでアロマやっても大丈夫かな?」

という質問を受けました。

今やすっかり市民権を得ているアロマテラピー。

そしてペットを飼っている世帯も、とっても多いですよね。

なので、このような疑問はよくあるはずです。

私は、その疑問に的確に答えられるアロマ講師はどれだけいるだろう?と考えさせられました。

なぜなら、アロマテラピーの学校で学ぶのは、あくまで人に使う場合のもの。

(もっと言えば、健康な成人向けのものがメイン)

もちろん私も例外でなく、動物に対してのアロマケアは、今のところ教えることはできません。

アロマテラピーを教える立場の人であっても

「ペットにアロマ、つまり精油を使って大丈夫なの?」

と疑問を持って調べたり、学んだ人だけが、その知識を持っているんですよね。

アロマスクールでもアニマルケアを教えてくれるところや、そういった講座をやっている先生もいらっしゃいます。

でも、あくまで希望者のみだと思うんです。みんなが学ぶわけではない。

 

前置きが長くなってしまいましたが

ペット、ここでは犬や猫のお話になりますが、精油の使用は大丈夫なのか??

答えとしては、

かなり慎重になるべきだ、ということです。

彼らは、ヒトより嗅覚が鋭い、というのはよく知られていますね。

ヒトが心地よい香り、というレベルは、おそらく彼らにとっては強すぎると思います。

そして、精油には薬理作用があることを忘れてはいけません。

薬理作用とは、お薬のような作用を持っている、ということ。

お薬を深い知識もなく、人ではなくペットに使うというのは、やはり非常に危険なのです。

つまり、ペットと一緒にアロマテラピーを楽しみたい♡というなら

しっかり調べてからにしましょう!

検索すると、情報はけっこう出てきます。

 

最も危険なのは誤飲です。

ペットが精油の瓶を倒してしまったりすることは、稀かもしれませんがあり得ることだし、もしアロママッサージをしてあげたとすると、その後きっと自分のからだをペロペロ舐めると思うんです。

つまり、そうやって経口摂取してしまう。

精油には、人は代謝できるけれど、ペットは代謝できない成分があることが分かっています。

つまり、いつまでも体内に存在し、蓄積し、無毒化できない。ということ。

かなり怖いことなんですよね。

 

危険だというお話をしてますが

安全で慎重な使い方で、ペットとアロマテラピーを楽しむことはできるんだと思います。

それを実践されてる方もいらっしゃると思うので。

ただ、アロマテラピーは自然で、自然だから優しくて安全。。。

という考え方が広まってるように感じるので、危惧しています(>_<)

 

危険な面がある。とまずは知ること。

これがとっても大事だと思っています。

 

*補足

・フェノール類、ケトン類の精油は代謝できにくい可能性がある。

・特に猫にはNG精油があります。(メラルーカ種・ティートゥリー・ニアウリ・カユプテ)

上記は私の知る情報であって、これが全てではありません。

 

*****************************

【イベントに出展します】

9月29日(日)10:30~16:30

会場:神奈川県大和市文化創造拠点シリウス1階ギャラリー

「おうちサロンマーケット かながわ」にて

ALICIAはハーブウォーターで化粧水作りのワークショップをいたします♡

お好きなハーブウォーター(芳香蒸留水)をブレンドしていただき、自分だけのためのよくばりな化粧水20mlをお持ち帰りいただけます。参加費500円です。

美白、しわ&たるみ予防、肌荒れ対策などなど。

あなたの欲しい作用のハーブウォーターをブレンドしてみませんか?

ご来場を心よりお待ちしております( *´艸`)