咳がツラい時のアロマ

喉の不調におすすめのアロマとは

ノドのツラい症状に良いとされるアロマというと

スースーする香りのものが多いです。

このスースー感は、化学的には1.8シネオールと呼ばれる成分です。

(今回はミントに含まれるメントールのお話ではありません)

1.8シネオールはユーカリ・ラディアタやユーカリ・グロブルス、ローズマリー・シネオール、ラヴィンツァラなど、風邪の症状に良いとされる精油によく含まれている成分です。

ノドがツラい時に、このスースー感は気持ち良いですし

実際に呼吸器に良い作用を持っています。

デメリットは、刺激があること。

量を正しく使用しないと、むせます。

正しい滴数はというと、テキストやレシピはアテになりません。

自分の感覚で決めてください。(テキストより増やすのはNGです)

レシピに何滴と書いてあっても

ある人にはちょうど良く、ある人には強すぎる。

そういうことが起こるのがアロマの世界なのです。

したがって試すときは常に少なめから、にしましょう。

今回はノドの不調がテーマなので

1滴以下からがオススメです。

(慎重派のALICIAです)

精油って、そもそも少なめで良いのです♪

 

そして、そもそもこの1.8シネオールのスースー感が刺激に感じる!

という方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメしたい素敵なアロマがあります。

それはフランキンセンスです。

この精油はメンタルケアに使われるイメージがあるかもしれませんが

実は呼吸器にもとても良いんですよね。

爽やかで甘さのある香りです♡

爽やかですが、スースーした感じはありません。

 

私はノドがツラい時、フランキンセンスとラヴィンツァラの精油をブレンドしたものをマスクに付けて就寝します。

マスクに付けると、精油がダイレクトに呼吸器に入りますので

使用量はごくわずか、1滴以下のちょびっと。

そしてノドがツラい日のみで、連日はおこないません。

 

これをすると、朝症状が悪化している……

ということが、劇的に減りました!

私にとってのまさに、

お守りアロマです( *´艸`)

 

世の中には、たくさんの種類の精油があり

ひとつの精油はたくさんの作用を持っています。

自分に必要なものに出会えると

植物への感謝があふれ出します。

そんなときめきをみなさまにも感じていただきたいなと思います♡

 

**今回のお話は私の個人的な経験談です。症状の緩和を保証するものではありません。

メディカルアロマを試す際は必ず専門家の指示を仰ぐようお願いいたします**